« エクレストン氏、日本GPへの震災の影響憂慮 | トップページ | アレッサンドロ・ナニーニ氏、シエナ市長に立候補 »

2011/04/27

モンテツェモロ社長、再び『サードカー案』提言

L.Montezemolo & M.Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
チーム間でタイム差が広がったことにより、今シーズンF1ではいわゆる『107%ルール』が再び導入され、開幕戦では早くもHRT(ヒスパニア・レーシング)の2台が脱落というシーンを演じているが、こうした状況にフェラーリ陣営の総帥ルカ・モンテツェモロ社長が再び『サードカー案』をドイツの『アウトモーター・ウント・スポルト』誌で提言している。

「今年のF1における問題の一つはチーム間でさらに広がったタイム差だ。
グリッド後方にいるのはいずれもF1の台数を増やすためエクレストンの配慮で参加を許されたチームたちだが、規模が小さいことはともかく、著しく遅いことは深刻な問題だ。
上位のマシンは、彼らがサーキット上にいることにより危険にさらされているのだから。
安全に台数を増やすというのであれば、かねて自分が主張しているようにサードカーを導入するのがベストな方法なんだ」

同社長が最初にこの案を提示した当時、「引退後のシューマッハを再びフェラーリに乗せられる」というものだったが、そのシューマッハは現在ライバル陣営(メルセデスGP)のドライバーになっている。

|

« エクレストン氏、日本GPへの震災の影響憂慮 | トップページ | アレッサンドロ・ナニーニ氏、シエナ市長に立候補 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51505683

この記事へのトラックバック一覧です: モンテツェモロ社長、再び『サードカー案』提言:

« エクレストン氏、日本GPへの震災の影響憂慮 | トップページ | アレッサンドロ・ナニーニ氏、シエナ市長に立候補 »