« エクレストン氏、バーレーンGPの期日設定さらに先送り | トップページ | 職人ハイドフェルド(ルノー)、「人工的な細工に違和感」 »

2011/04/30

苦闘ウィリアムズ・チーム、空力責任者にも北風

Rubens Barrichello (C)Williams F1
拡大します
2011年シーズン、思わぬ不振にあえぐウィリアムズ・チームでは、技術部門の責任者であるテクニカル・ディレクターのサム・マイケル氏に更迭の噂がささやかれているが、ここに来てさらにもう一人の名前が浮上している。

それは同チームでエアロダイナミックス(空力)を担当したジョン・トムリンソン氏で、ドイツの『アウトモーター・ウント・スポルト』誌によれば次戦トルコGPを前にも更迭がありそうだとのこと。
トムリンソン氏はかつてジョーダンやルノー・チームでも働いた経験があるが、今季マシンである『FW33』不振の直接的な責任を問われているようだ。

同チームでは今季の成績不振に伴いフランクフルト証券取引所に上場した株式価格も低下していて、その影響は深刻なものになっている。

|

« エクレストン氏、バーレーンGPの期日設定さらに先送り | トップページ | 職人ハイドフェルド(ルノー)、「人工的な細工に違和感」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51530537

この記事へのトラックバック一覧です: 苦闘ウィリアムズ・チーム、空力責任者にも北風:

« エクレストン氏、バーレーンGPの期日設定さらに先送り | トップページ | 職人ハイドフェルド(ルノー)、「人工的な細工に違和感」 »