« FIA(国際自動車連盟)、トロ・ロッソのタイヤ脱落事故に罰金 | トップページ | レッドブル陣営からはバトン(マクラーレン)に非難の声も »

2011/04/20

不振続くウィリアムズ・チーム、首脳陣リストラ覚悟

Sam Michael (C)Williams F1
拡大します
今シーズン、ここまで3戦を終えていまだノーポイント。
チーム設立以来の不振を続けるウィリアムズ・チームで、首脳陣の大リストラの噂が広まっている。

しかしそう語ったのはその真っ只中にいるテクニカル・ディレクターのサム・マイケル氏(39歳:オーストラリア)自身。
同氏は、「現在のチームの状況は明らかに周囲の期待を裏切ったもの。
その理由についてはいろいろあるのが事実だが、しかし技術部門の最終責任はこれをとりまとめる自分にあると言わざるを得ない。
今後、自分自身も含め、わがチーム首脳陣のリストラは避けられないことだろう」と、語っている。

マイケル氏は、2004年にまだ33歳の若さでこの歴史あるプライベート・チームのテクニカル・ディレクターに起用された逸材だが、チーム自体が不振に陥ったことと合わせ、ここまで期待された好成績を残せないでいる。

ちなみに今シーズン3戦でウィリアムズ・チームはリタイヤ4回。
最高位もバリチェッロの13位(中国GP)という大不振に陥っている。

|

« FIA(国際自動車連盟)、トロ・ロッソのタイヤ脱落事故に罰金 | トップページ | レッドブル陣営からはバトン(マクラーレン)に非難の声も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51441154

この記事へのトラックバック一覧です: 不振続くウィリアムズ・チーム、首脳陣リストラ覚悟:

» ウィリアムズでリストラか? [MotorSports]
開幕から不振が続いているウィリアムズ 攻めた開発をしてきたがトラブル続きで 大リストラが開始されるような噂が出てきた その噂に対してサム・マイケルから 「現在のチームの状況は明らかに周囲の期待を裏切ったもの。 その理由についてはいろいろあるのが事実だが、しかし技術部門の最終責任はこれをとりまとめる自分にあると言わざるを得ない。 今後、自分自身も含め、わがチーム首脳陣のリストラは避けられないことだろう」 とコメント さてリストラされてチームは復調していくのか? F1 (エフワン) 速報 2011年 5... [続きを読む]

受信: 2011/04/20 19:19

« FIA(国際自動車連盟)、トロ・ロッソのタイヤ脱落事故に罰金 | トップページ | レッドブル陣営からはバトン(マクラーレン)に非難の声も »