« トルコGP、FOMとの交渉決裂で開催は今季限り | トップページ | マクラーレン首脳、「今年はレース戦略が勝利のカギ」 »

2011/04/23

ピレリ、オブションタイヤ識別にさらなるトライ

Pirell Soft Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今季第2戦のマレーシアGPから、オブションタイヤ(ソフト側:軟らかいほうのコンパウンド)にゴールドのラインを加え走行中にも判別がしやすいように改善したピレリタイヤだが、すでに予告していた通り次戦トルコGPからはさらなる抜本的な改良を施すことを明らかにした。

同社のポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターによれば、トルコGPではオブションタイヤのサイドウォール部分をすべてペイントするというもの。
まだ実際のイメージ等は発表されていないが、実際にサイドウォール全体がペイントされることになればこれまでとは比較にならないほど判別は容易になる筈だ。

|

« トルコGP、FOMとの交渉決裂で開催は今季限り | トップページ | マクラーレン首脳、「今年はレース戦略が勝利のカギ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51468778

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、オブションタイヤ識別にさらなるトライ:

» [F1]ピレリ、タイヤマーキングをさらに改善 [試行錯誤のすぱいらる]
タイヤの識別に苦心中のピレリですが、トルコGPからさらに改善を加えるようです。 ドライタイヤ4種類とウエットタイヤ2種類を判別する方法として、サイドウオールに描かれる"ピレリPゼロ"というロゴの色を6種類それぞれ異なったものにするという手法を採用。 シーズン... [続きを読む]

受信: 2011/04/23 13:33

« トルコGP、FOMとの交渉決裂で開催は今季限り | トップページ | マクラーレン首脳、「今年はレース戦略が勝利のカギ」 »