« 佐藤琢磨(インディカー)予選11位、アメリカからエール | トップページ | フェラーリ首脳、「スピード不足は解決されていない」 »

2011/04/10

マクラーレン勢、予想以上のレッドブル肉薄に自信みせる

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
マレーシアGPの予選結果は、1位から4位まで顔ぶれだけみるとベッテル(レッドブル)、ハミルトン(マクラーレン)、ウェバー(レッドブル)、そしてバトン(マクラーレン)と2チーム4人のドライバーによる同じもの。
しかし両チームのタイム差は大きく縮まっていて、追い上げを図るマクラーレン勢は意気を上げている。

2番手のハミルトンは、「ほとんど完璧なラップができたのでポールを逃がしたのは残念。
でもフロントロウならハッピーさ。
決勝レースではスタートがカギになるよ」と、「KERS」(運動エネルギー回収システム)では一日の長があるとみられる自信をみせた。

また4番手に留まったバトンのほうも、「Q2とQ3が入れ替わったら良かったと思うけど、セットアップの変更を決めたのは自分なんだからしようがないよね。
それでも誰もが想像したより2チームは接近しているから、明日のレースはわからないさ」と、こちらもポジティブだ。

|

« 佐藤琢磨(インディカー)予選11位、アメリカからエール | トップページ | フェラーリ首脳、「スピード不足は解決されていない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51347838

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン勢、予想以上のレッドブル肉薄に自信みせる:

» F1マレーシアGP(2011 R2) [UKYOのつぶやき]
F1第2戦マレーシアGP! [続きを読む]

受信: 2011/04/12 01:27

« 佐藤琢磨(インディカー)予選11位、アメリカからエール | トップページ | フェラーリ首脳、「スピード不足は解決されていない」 »