« 中国GP、ハミルトン今季初優勝! 小林可夢偉10位に | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、ノーズ損傷も「性能に影響なし」 »

2011/04/18

フェラーリ・チーム代表、チームの不振より気掛かりなこと

Stefano Domenicali (C)Ferrari S.p.A
拡大します
開幕から不振が伝えられ、今回の中国GP決勝レースでもマッサ&アロンソは6-7位と今回はメルセデスGPにも先を行かれるなど光明が見えないフェラーリ・チームだが、レース後取材に応じた同チームのステファーノ・ドメニカリ代表は、「もっと気掛かりなことがあった」と、明かした。

それによれば、同チームのベテラン・メカニックであるパオロ・サンタルシエロ氏が、この週末動脈瘤で倒れ、緊急入院して手術を受けたのだという。

「このようなことが起きると、人間にとって人生で何が大事なことなのか、考えさせられる」と、哲学的な感想を語っている。

|

« 中国GP、ハミルトン今季初優勝! 小林可夢偉10位に | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、ノーズ損傷も「性能に影響なし」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51423147

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ・チーム代表、チームの不振より気掛かりなこと:

« 中国GP、ハミルトン今季初優勝! 小林可夢偉10位に | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、ノーズ損傷も「性能に影響なし」 »