« トッド(FIA会長)、電気自動車によるカテゴリー新設を模策 | トップページ | チーム・ロータス、D.バルセッキを金曜フリー走行に起用 »

2011/04/05

バトン(マクラーレン)、「ウチの強さは攻撃的な開発力」

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
シーズン前テストでの不評を一新、始まってみれば開幕戦オーストラリアGPで王者レッドブルに迫るスピードをみせたマクラーレン・チームのマシンについて、同チームのジェンソン・バトンは「この攻撃的な開発力がウチの強さ」と、満足げな表情をみせている。

ドイツの『アウトモーター・ウント・スポルト』誌が伝えるところによれば、マクラーレンの『MP4-26』がメルボルンで突然スピードをみせた裏には、シーズン前のテストでライバル・チームであるレッドブル・レーシングのエクゾースト・システムを解析、開幕戦直前にこれをコピーして導入したことによるという。

同チームのマーティン・ウィットマーシュ代表は、「どんなに厳しい状況でもわれわれは全力を尽くす。
それがわがチームの伝統だからね。
いつの場合だってそうだが、われわれのマシンはグランプリ毎にまったく違うものなんだよ」と、その開発力に胸を張った。

それでもオーストラリアGP公式予選でのレッドブルとの差は0.778秒。
まだ1戦とはいえ、チャンピオンシップを戦う上でこれは決して小さなものではない。

|

« トッド(FIA会長)、電気自動車によるカテゴリー新設を模策 | トップページ | チーム・ロータス、D.バルセッキを金曜フリー走行に起用 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51306585

この記事へのトラックバック一覧です: バトン(マクラーレン)、「ウチの強さは攻撃的な開発力」:

» マクラーレンの強さ『攻撃的な開発力』とは言い得て妙 [予定は未定であって決定ではない]
 確かに開幕前のマクラーレンの状況を考えると、開幕戦での結果は大躍進だと言えそう。ただ、レッドブルをどれだけコピーしても、それを上回るためには何かもう一つ必要だよな。 [続きを読む]

受信: 2011/04/05 11:56

« トッド(FIA会長)、電気自動車によるカテゴリー新設を模策 | トップページ | チーム・ロータス、D.バルセッキを金曜フリー走行に起用 »