« ピレリ、モナコGPではいよいよスーパーソフト投入へ | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、トロ・ロッソのタイヤ脱落事故に罰金 »

2011/04/19

初敗北のベッテル(レッドブル)、「敗因はスタート、KERS、レース戦略……」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズン、ここまで圧巻の勝利を続けながら、中国GPでは初めてマクラーレンのハミルトンに敗北を喫したレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルは、次のようにその「敗因」を語っている。

「まずはスタートが悪かった。
グリッドの側のせいかも知れないけれど、あるいは「KERS」(運動エネルギー回収システム)のせいかも知れない。
また2ストップ作戦だったので心してタイヤを労ったんだけれど、結局最後はハミルトン(3ストップ)に抜かれてしまった。
結果的に僕らは2-3位になったんだから良かったのかもわからないけれど、敗因を聞かれれば、スタート、KERS、レース戦略……
いろいろなんだろうね」

しかしベッテルはすでに次のトルコGPでの巻き返しを見据えている。

|

« ピレリ、モナコGPではいよいよスーパーソフト投入へ | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、トロ・ロッソのタイヤ脱落事故に罰金 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51433123

この記事へのトラックバック一覧です: 初敗北のベッテル(レッドブル)、「敗因はスタート、KERS、レース戦略……」:

» KERSがレッドブルのネックになっていることは間違いない [予定は未定であって決定ではない]
 KERSに関してはウェバーもたびたびトラブルが出ているし、今回の件でレッドブルにとってネックになっていることは間違いなくなったね。シーズン前から危惧していたんだけど、KERS&DRSで冗談みたいに追い抜きが容易になったからKERSがまともに動かないと本当にキツイ。... [続きを読む]

受信: 2011/04/19 12:00

» レッドブルの敗因はKERS!? [Station-wagon<ステーションワゴン>]
開幕2戦連続優勝を飾ったレッドブルだが、今回の第3戦中国GPではマクラーレンに破れる形となった。その敗因をヴェッテルはKERSを有効に使えていないことが一つの要因になっていると・・・確かに2戦までのレッドブルのKERSは正常に作動せず、その使用を回避していた。また、...... [続きを読む]

受信: 2011/04/20 23:07

« ピレリ、モナコGPではいよいよスーパーソフト投入へ | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、トロ・ロッソのタイヤ脱落事故に罰金 »