« 「タイヤに優しい」ザウバー・チーム、ピレリの仕事評価 | トップページ | トルコGP、FOMとの交渉決裂で開催は今季限り »

2011/04/22

不調ウィリアムズ・チーム、トルコGPでは挽回期す

Rubens Barrichello (C)Williams F1
拡大します
今季開幕から思わぬ不振が続くウィリアムズ・チームでは、次戦トルコGP(5月8日決勝)での挽回を期し、広範なバージョンアップを図ることを明らかにした。

メディアからそのポジションが危ういとまで指摘されるテクニカル・ディレクターのサム・マイケル氏は、「中国でもすでにわれわれは新たな試みにトライしたが、例えば新エクゾーストシステムによるフロアの損傷など、新機軸故のトラブルにも見舞われた。
今回はそうした部分を改善した上で、さらにエアロダイナミックスパーツやブレーキなど、様々な分野でバージョンアップを考えている。
これにより、二人のドライバーがトップ10を争えるようになると確信しているね」と、語っている。

|

« 「タイヤに優しい」ザウバー・チーム、ピレリの仕事評価 | トップページ | トルコGP、FOMとの交渉決裂で開催は今季限り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51457675

この記事へのトラックバック一覧です: 不調ウィリアムズ・チーム、トルコGPでは挽回期す:

« 「タイヤに優しい」ザウバー・チーム、ピレリの仕事評価 | トップページ | トルコGP、FOMとの交渉決裂で開催は今季限り »