« タイヤ戦略が鍵を握った、中国GPのスリリングなバトル | トップページ | ピレリ、モナコGPではいよいよスーパーソフト投入へ »

2011/04/19

FIAがアロンソ(フェラーリ)のリヤウィングを調査

Fernaodo Alonso (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、17日(日)行われた中国GP決勝レースで、アロンソ(フェラーリ)のマシンが想定外の所で可変リヤウィング(DRS:ドラッグ・リダクション・システム)が作動したことを確認し、調査に入った。

本来、この作動はFIAが電子的にコントロールしていて、あらかじめ作動を設定された場所以外で作動することはない筈だが、今回はシューマッハ(メルセデスGP)とのバトル中に誤作動した模様。
これでアロンソがアドバンテージを受けた事実はないためペナルティ等はない。

なおアロンソのマシンはマレーシアGP時にも同様の誤作動がみられている。

|

« タイヤ戦略が鍵を握った、中国GPのスリリングなバトル | トップページ | ピレリ、モナコGPではいよいよスーパーソフト投入へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51432605

この記事へのトラックバック一覧です: FIAがアロンソ(フェラーリ)のリヤウィングを調査:

» アロンソのマシン、リアウィングを調査へ [MotorSports]
マレーシアと中国でアロンソのマシンが規定場所以外でリアウィングが作動していた問題で調査を開始するとのこと 本来、この作動はFIAが電子的にコントロールしていて、あらかじめ作動を設定された場所以外で作動することはない筈だが、今回はシューマッハ(メルセデスGP)とのバトル中に誤作動した模様。 今回はペナルティがなかったが フェラーリのDRSは、問題があるのだろうか? F1 (エフワン) 速報 2011年 5/12号 [雑誌] オートスポーツ 2011年 4/28号 [雑誌] F1 RACING 2011... [続きを読む]

受信: 2011/04/19 13:01

« タイヤ戦略が鍵を握った、中国GPのスリリングなバトル | トップページ | ピレリ、モナコGPではいよいよスーパーソフト投入へ »