« ホンダ、またF1に復帰? | トップページ | 延期されたR.ブランソン会長の『搭乗勤務』、5月1日に決定 »

2011/03/31

ザウバー・チーム代表、キーT/D解雇説を一蹴

James Key (C)Sauber Motorsport
拡大します
オーストラリアGPにおけるザウバー・チーム2台のマシンの失格は結局チーム側が正式抗議を取り下げたことにより確定したが、結果的にその責任はマシンを用意したジェームズ・キー/テクニカル・ディレクターにあることになった。

スイス国内のメディアはさっそくこれについて「同ディレクターの解雇の可能性」をペーター・ザウバー代表に問うたものの、同代表は「いま、チームはそんなことを考えている余裕はない」と、これを一笑に付した。

ザウバー・チームでは、それまでのウィリー・ランプ氏に代わり昨シーズン途中からキー氏が加入したが、その後チームが着実に好成績を挙げるようになったのは間違いないところだ。

|

« ホンダ、またF1に復帰? | トップページ | 延期されたR.ブランソン会長の『搭乗勤務』、5月1日に決定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51260914

この記事へのトラックバック一覧です: ザウバー・チーム代表、キーT/D解雇説を一蹴:

» ザウバー抗議を取り下げ [MotorSports]
開幕戦でのリアウィング違反による決勝レース失格処分を受けたザウバー 一度は抗議する予定をしていたが、結局抗議を取り下げたようだ 分が悪かったのだろう また今回の失格処分に対してテクニカルディレクターのキーが解雇?の噂もでたがすぐにチーム代表から 「いま、チームはそんなことを考えている余裕はない」 とコメント たった1戦で解雇するとは思えないし、解雇した場合開発が滞る可能性のほうが高いのでまずはないだろう 新型ディフューザーの投入もスペインGPごろにはあるらしいので… さてマレーシアからザウバーは巻き... [続きを読む]

受信: 2011/03/31 13:59

« ホンダ、またF1に復帰? | トップページ | 延期されたR.ブランソン会長の『搭乗勤務』、5月1日に決定 »