« ザウバー・チーム、豪GP失格への抗議は断念へ | トップページ | ピレリ、タイヤの識別マーキングの改善を検討 »

2011/03/30

小林可夢偉(ザウバー)、「悔しいというより信じられない」

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
2011年開幕戦オーストラリアGPで、みごと8位入賞を果たしながらも、レース後の車検でマシンのテクニカル・レギュレーション違反から失格とされたザウバー・チームの小林可夢偉は、次のようにその胸の内を語った。

「せっかくレースであれだけ頑張ったのに、ゴールしたら待っていたのは失格。
しかもそれは僕の手の範中ではないところで起きたこと。
これはもう、悔しいというよりも信じられない気持ちだね。
だって僕らはちゃんと木曜日、レース前の車検でOKサインをもらったクルマで戦ったんだよ。
問題とされたリヤウィングなんてレース前とまったく同じなのに、それなのにレース後には同じ車検で失格だなんて……」

ただF1のこうした不条理はこれまで何回となく繰り返されてきたこと。
それでも小林可夢偉は「こんな気持ちをいつまでも引きずる訳にはいかない。
次のマレーシアではまた心機一転、頑張るよ」と、気丈なところをみせた。

|

« ザウバー・チーム、豪GP失格への抗議は断念へ | トップページ | ピレリ、タイヤの識別マーキングの改善を検討 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉(ザウバー)、「悔しいというより信じられない」:

» F1(5578) 小林可夢偉、この借りは次のレースで返すでっ! [戀は糸しい糸しいと言う心]
本当に悔しいです  信じれない、失格。。。 [続きを読む]

受信: 2011/03/30 08:55

« ザウバー・チーム、豪GP失格への抗議は断念へ | トップページ | ピレリ、タイヤの識別マーキングの改善を検討 »