« グロック(ヴァージン)無事退院も、テスト参加は困難か | トップページ | ピレリタイヤ首脳、人工ウェットレースの可能性を示唆 »

2011/03/04

ジャッキー・スチュワート氏、飛行機内で倒れるも病状は回復

Sir Jackie Stewart (C)Williams F1
拡大します
元F1チャンピオン、ジャッキー・スチュワート氏(71歳)がスイスからロンドンへの移動中、BA(ブリティツシュ・エアウェイズ)の機内で倒れたことが報じられたが、収容されたロンドンのヒリングドン病院は、「容態は安定していて心配ない」との見解を明らかにした。

元3回のF1チャンピオンに輝き、現役引退後もF1で大きな存在感を示すスチュワート氏は、英王室から『サー』の称号を授けられるなど英国民の象徴でもある存在。
またモーターレーシングにおける事故の撲滅にも尽力し、F1の安全性に大きな功績を果たしたことでも知られている。

|

« グロック(ヴァージン)無事退院も、テスト参加は困難か | トップページ | ピレリタイヤ首脳、人工ウェットレースの可能性を示唆 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャッキー・スチュワート氏、飛行機内で倒れるも病状は回復:

« グロック(ヴァージン)無事退院も、テスト参加は困難か | トップページ | ピレリタイヤ首脳、人工ウェットレースの可能性を示唆 »