« ペレス&小林可夢偉(ザウバー)、初日の感触に自信みせる | トップページ | 豪GPフリー走行3回目は再びレッドブル勢が席巻 »

2011/03/26

いきなりクラッシュのチャンドク、「僕のミス」

Karun Chandhok (C)Teram Lotus
拡大します
今シーズン開幕直前にチーム・ロータスにおけるリザーブドライバーのポジションを得たインドのカルン・チャンドク(前ヒスパニア・レーシング)は、25日(金)行われたフリー走行1回目セッションに登場したが、なんといきなりインストレーションラップでスピン、クラッシュ。
大事なマシンを大きく破損させてしまった。

「クラッシュは完全に僕のミス。
それは認めるよ。
路面の状態が悪かったし、まだタイヤも冷え切っていたので全然グリップしなかったんだ。
トゥルーリには迷惑を掛けたけれど、あれだけの短時間にマシンを完全に修復してくれたチームには感謝だ。
ここはほんとうに素晴らしい能力を持ったチームだよね」

チャンドクの言葉通り、午後のセッションまでには修復なって、無事トゥルーリは走行することができた。

|

« ペレス&小林可夢偉(ザウバー)、初日の感触に自信みせる | トップページ | 豪GPフリー走行3回目は再びレッドブル勢が席巻 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いきなりクラッシュのチャンドク、「僕のミス」:

« ペレス&小林可夢偉(ザウバー)、初日の感触に自信みせる | トップページ | 豪GPフリー走行3回目は再びレッドブル勢が席巻 »