« 再開バルセロナ合同テスト初日、ウェバーが最速タイム(3/08) | トップページ | マクラーレン、『MP4-26』に奇妙な団子ノーズ投入 »

2011/03/09

FIA、バーレーンGP再開催問題は5月まで先送りに

Bahrain Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、すでに主催者から再開催が求められているバーレーンGPについて、その結論を少なくとも5月まで先送りすることを明らかにした。

政情不安から3月開幕戦としての開催中止を余儀なくされたバーレーンGPは、冷静さを取り戻しつつあるとはいえ首都マナマでは反政府運動を展開するグループが今も活動を続けていて、まだ国内は完全に沈静化したとは言えない状況。
現段階で再開催の時期を決定するのは困難と判断しているようだ。

それでもFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏は、再開催に向けて強くFIA(国際自動車連盟)にプッシュしている模様だが、多くのチームではみな及び腰と伝えられている。

|

« 再開バルセロナ合同テスト初日、ウェバーが最速タイム(3/08) | トップページ | マクラーレン、『MP4-26』に奇妙な団子ノーズ投入 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51071959

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、バーレーンGP再開催問題は5月まで先送りに:

« 再開バルセロナ合同テスト初日、ウェバーが最速タイム(3/08) | トップページ | マクラーレン、『MP4-26』に奇妙な団子ノーズ投入 »