« 2011年シーズン、バトンの懸念はボタンにあり? | トップページ | フォース・インディアの新型車発表はインターネットで »

2011/02/06

フォース・インディア、マクラーレンからの技術供与契約延長

フォース・インディア・チームが、マクラーレン・グループ(マクラーレン・アプライド・テクノロジー社)から受けている技術供与契約をさらに2012年末まで延長したことがわかった。

共にメルセデス・エンジンを搭載して戦っているマクラーレンとは2009年からパートナーシップ契約を締結、これまでもギヤボックスやハイドロリック系のコントロール・システム等の技術供与を受けていたもの。

Vijay Mallya (C)Force India F1
拡大します
これについて同チームのヴィジャイ・マルヤ代表は、「アンディ・グリーンのテクニカル・ディレクター昇格と合わせ、マクラーレン・グループとのこれまで以上の密接な関係により、今季はさらにパフォーマンスをアップさせて表彰台を現実のものにしたい」と意欲をみせた。

|

« 2011年シーズン、バトンの懸念はボタンにあり? | トップページ | フォース・インディアの新型車発表はインターネットで »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50788568

この記事へのトラックバック一覧です: フォース・インディア、マクラーレンからの技術供与契約延長:

« 2011年シーズン、バトンの懸念はボタンにあり? | トップページ | フォース・インディアの新型車発表はインターネットで »