« インドGP、FIA(国際自動車連盟)の査察も順調 | トップページ | バーレーンGP、国内騒動で開催危機の懸念 »

2011/02/15

ルノー・チーム首脳、「セナはあくまでもテストドライバー」

Bruno Senna (C)Lotus Renault GP
拡大します
負傷したロバート・クビサの代役が注目されるロータス・ルノーGPチームだが、3日目ハイドフェルド、4日目セナ、それぞれのテストを終え、エリック・ブイユ代表は次のように説明した。

「ハイドフェルドとセナとでは、そもそもそのテストの目的が違った。
セナはあくまでもわがチームのリザーブ&テストドライバーとして、プログラムに則って行われたものだからね。
そうした意味で、彼がクビサの代役になるとは考えていないよ」

3日目トップに立ったハイドフェルドのタイムに比べ、最終日のセナ(5番手)は1秒以上遅いものだった。
ちなみにザウバーの小林可夢偉は最終日、逆にコンマ6秒も短縮している。

同代表は明確には語らなかったもの、近くハイドフェルドが同チームのドライバーとして発表されるのは間違いないようだ。

|

« インドGP、FIA(国際自動車連盟)の査察も順調 | トップページ | バーレーンGP、国内騒動で開催危機の懸念 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50876815

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・チーム首脳、「セナはあくまでもテストドライバー」:

« インドGP、FIA(国際自動車連盟)の査察も順調 | トップページ | バーレーンGP、国内騒動で開催危機の懸念 »