« クビサ(ロータス・ルノーGP)、復帰に向けリハビリを開始 | トップページ | メルセデスGPの新型車、ラップタイムより直線速度 »

2011/02/24

トゥルーリ(ロータス)、「ピレリタイヤは安定性が不足」

Pirelli F1 Tyre (C)Renault F1 UK
拡大します
今シーズンからF1タイヤの独占供給メーカーとなるピレリ社のタイヤについて、チーム・ロータスのヤルノ・トゥルーリが次のように問題点を指摘している。

これはイタリアの『アウトスプリント』誌に語ったもので、その中でこのペスカーラ生まれのベテランは、「みんなが指摘するライフの短さ(早い摩耗)については問題ない。
これはそもそもFIA(国際自動車連盟)の意向なんだし、みんなが同じだと思えばね。
でもタイヤに安定性がないというのは看過できないこと。
これまでのテストで感じたことは、ニュータイヤでコースに出ると最初はアンダーステアが強かったのに、その後数周で急にオーバーステアになってしまうこと。
しかもそれが予測つかないで、ね。
これでレースは面白くなるかも知れないけれど、ドライバーにとってはあまり歓迎できるものじゃないと思うね」と、指摘した。

ただこれについてピレリタイヤ側は「タイヤの性能は期待通りのものに仕上がっている」として、問題にしていない。

|

« クビサ(ロータス・ルノーGP)、復帰に向けリハビリを開始 | トップページ | メルセデスGPの新型車、ラップタイムより直線速度 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50955293

この記事へのトラックバック一覧です: トゥルーリ(ロータス)、「ピレリタイヤは安定性が不足」:

« クビサ(ロータス・ルノーGP)、復帰に向けリハビリを開始 | トップページ | メルセデスGPの新型車、ラップタイムより直線速度 »