« ウィリアムズ・チーム、『FW33』の正式カラーリング発表 | トップページ | ベッテル(レッドブル)、「ライバルはアロンソ、ハミルトン……」 »

2011/02/25

独自路線を主張のウィリアムズ・チーム

Sam Micahel (C)Williams F1
拡大します
ここにきてやっと2011年シーズンの正式カラーリングを発表、メーカー系チームに比べてやや後れを取った感のあるウィリアムズ・チームだが、プライベートの雄として存在感を示すごとく、首脳陣は強気の姿勢をみせた。

これは同チームのサム・マイケル/テクニカル・ディレクターが語ったもので、その中でこの若き司令官は、「われわれがマルドナドを起用したことについて、みんなはお金(ベネズエラ・マネー)のためというが、現場では純粋にドライバーの能力という観点から判断したものだ。
彼には明らかに優れた能力がある。
もちろんわがチームはバリチェッロを中心として戦っていくことになると思うが、ルーキーとはいえマルドナドを決して侮ってはいけないよ」と、主張した。

またマイケル氏は同チームがこだわるフライホィール方式の「KERS」(運動エネルギー回収システム)についても、「今回は主にエアロダイナミックスの制約からバッテリー方式のKERSを搭載したが、われわれはフライホィールを諦めた訳じゃない。
メーカー系チームじゃなし、こうして毎年のようにレギュレーションが変わるのはプライベートにとってつらいが、それでも戦いを放棄はしない」と、強気のコメントを繰り返した。

|

« ウィリアムズ・チーム、『FW33』の正式カラーリング発表 | トップページ | ベッテル(レッドブル)、「ライバルはアロンソ、ハミルトン……」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50963427

この記事へのトラックバック一覧です: 独自路線を主張のウィリアムズ・チーム:

» [F1]ウィリアムズ、FW33のカラーリングを発表 [試行錯誤のすぱいらる]
暫定カラーでテストに臨んでいたウィリアムズFW33のカラーリングが発表されました。 ウィリアムズチームは、これまで暫定カラーリングで走らせてきた新車FW33の正式なカラーリングを発表した。 新たにスポンサーとなったPDVSAに従って以前よりも白い部分が増... [続きを読む]

受信: 2011/02/25 09:47

« ウィリアムズ・チーム、『FW33』の正式カラーリング発表 | トップページ | ベッテル(レッドブル)、「ライバルはアロンソ、ハミルトン……」 »