« ペレス(ザウバー)、母国メキシコで歓喜のデモラン! | トップページ | メルセデス、メルセデスGPチームの買収を完了 »

2011/02/28

バーレーン王室もグランプリ開催復活を切望

Shaikh Salman bin Isa Al Khalifa
すでに開催の中止が決まったバーレーンGPだが、開催地バーレーン国際サーキットのチーフ・オペレーティング・オフィサー(最高執行責任者)でもある同国のシャイク・サルマン・アル・カリファ王子は、バーニー・エクレストン氏同様、今シーズン中の開催復活を切望している。

「今の状態をみればわかるように、混乱はごく一時的なものだったに過ぎない。
わが国の体制は安定しており、経済は強力、グランプリを失う理由は何もないんだ。
今回の中止について、どのF1チームからも補償など求められてないし、観客のチケットも依然として有効。
日時をあらためて開催すればいいだけのことだよ」と、この王族の中心人物はあいかわらず強気の姿勢だ。

|

« ペレス(ザウバー)、母国メキシコで歓喜のデモラン! | トップページ | メルセデス、メルセデスGPチームの買収を完了 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50992314

この記事へのトラックバック一覧です: バーレーン王室もグランプリ開催復活を切望:

« ペレス(ザウバー)、母国メキシコで歓喜のデモラン! | トップページ | メルセデス、メルセデスGPチームの買収を完了 »