« 『サンタンデル』の狙いは英国市場の拡大に | トップページ | バレンシア合同テスト3日目タイム(2/03) »

2011/02/03

最速タイムのアロンソ(フェラーリ)、それでも「タイヤまだまだ」

Fernando Alonso (C)Ferrari S.p.A
拡大します
昨年11月に行われたアブダビ合同テストではトップタイムをマークしピレリタイヤの性能を評価していたフェラーリのフェルナンド・アロンソだが、同じく最速タイムを記録した今回のバレンシア合同テストでは辛口の評価を与えている。

「ピレリのF1タイヤはまだまだ安定していないね。
とりわけ長距離を走るとリヤタイヤの性能が下がる。
そのためマシンのセットアップに差し支える場面があるんだ。
ま、これからもっと進化するだろうけどね」

アロンソはまた可変リヤウィングなどの導入で操作ボタンが増えたことから「シミュレーターでトレーニングしたから良かったけれど、そうでなければ一苦労しただろう」とも述べている。

|

« 『サンタンデル』の狙いは英国市場の拡大に | トップページ | バレンシア合同テスト3日目タイム(2/03) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50763489

この記事へのトラックバック一覧です: 最速タイムのアロンソ(フェラーリ)、それでも「タイヤまだまだ」:

» ヴァレンシア・テスト2日目、アロンソが・・・ [Station-wagon<ステーションワゴン>]
ヴァレンシアでの合同テスト2日目は、フェラーリのアロンソが105周を走りTopタイムをマーク。3日目は、マッサがテストを引き継ぐ。2番手にヴェッテル(レッドブル)、3番手ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、4番手にルイス・ハミルトン(マクラーレン)、5番...... [続きを読む]

受信: 2011/02/04 09:44

« 『サンタンデル』の狙いは英国市場の拡大に | トップページ | バレンシア合同テスト3日目タイム(2/03) »