« 可夢偉の僚友ペレス(ザウバー)、トラブルであまり走れず | トップページ | 最速タイムのアロンソ(フェラーリ)、それでも「タイヤまだまだ」 »

2011/02/03

『サンタンデル』の狙いは英国市場の拡大に

Ana Patricia Botin (C)Santader

もともと母国ドライバーの支援からスタートしたスペインの『サンタンデル』が、このほどさらにマクラーレン・チームへの支援継続を発表したことに注目が集まっている。

フェラーリ・チームへのスポンサー契約は言うまでもなくスペインで人気のフェルナンド・アロンソが在籍しているためだが、すでに同選手が離脱したマクラーレン・チームにはハミルトン&バトンといういずれもイギリス人ドライバーしか在籍していないからだ。

これについて英国サンタンデルのアナ・パトリシア・ボティン/CEOは、「私たちにとっていま重要なことは、英国史上の拡大にあります」と、その背景を明らかにした。
なお、ボティン嬢はサンタンデル・グループを率いるエミリオ・ボティ氏の令嬢でもある。

|

« 可夢偉の僚友ペレス(ザウバー)、トラブルであまり走れず | トップページ | 最速タイムのアロンソ(フェラーリ)、それでも「タイヤまだまだ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50762551

この記事へのトラックバック一覧です: 『サンタンデル』の狙いは英国市場の拡大に:

» ゆとり(●´ω`●) [0755050のブログ]
KYONOです。コンサルタントで有名な大前研一さんが以下のように申されたそうです。大前研一氏が指摘する。菅政権は卒業後3年以内の就職希望者を正規雇用した企業や正規雇用を前提に トライアル雇用を実施する企業に対する奨励金を創設したり、大学に配置している「キャリアカウンセラー」や ハロー�... [続きを読む]

受信: 2011/02/04 20:58

« 可夢偉の僚友ペレス(ザウバー)、トラブルであまり走れず | トップページ | 最速タイムのアロンソ(フェラーリ)、それでも「タイヤまだまだ」 »