« パット・シモンズ氏、ヴァージン・レーシングでF1復帰か | トップページ | ピレリF1タイヤ、早い摩耗に「想定した通り」 »

2011/02/14

ウィリアムズ・チーム、KERSシステムの開発に腐心

Rubens Barrichello (C)Williams F1 Team
拡大します
他の多くのトップチームが大手自動車メーカーとの関係を持つ中、プライベートの雄として戦うウィリアムズ・チームだが、今季の重要テーマの一つである「KERS」(運動エネルギー回収システム)の開発には苦慮しているようだ。

同チームはコスワース・エンジンを搭載するが、他の同エンジン搭載チームはヒスパニアやヴァージンらいずれも非力な新規参戦チームばかり。
逆に、これらチームの期待も背負って開発する責務をウィリアムズ・チームが負っている状況だ。
ヘレス・サーキットで行われた今年2回目の合同テストでは、マルドナド、バリチェッロいずれもがKERSのトラブルに見舞われたと伝えられている。

(フェラーリ・エンジンを搭載するザウバー・チームではフェラーリ・チームから技術供与を受けることになっている)

|

« パット・シモンズ氏、ヴァージン・レーシングでF1復帰か | トップページ | ピレリF1タイヤ、早い摩耗に「想定した通り」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50866061

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ・チーム、KERSシステムの開発に腐心:

« パット・シモンズ氏、ヴァージン・レーシングでF1復帰か | トップページ | ピレリF1タイヤ、早い摩耗に「想定した通り」 »