« ウィリアムズ・チーム、KERSシステムの開発に腐心 | トップページ | インドGP、FIA(国際自動車連盟)の査察も順調 »

2011/02/15

ピレリF1タイヤ、早い摩耗に「想定した通り」

Ferrari 『F150th Italia』 (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今年2回目の合同テストを終え、各チームからピレリタイヤについて「ブリヂストンよりも摩耗が早い」とのコメントが続いている。
しかしこれについてピレリタイヤのポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは次のように語り、意に介してない。

「摩耗が早いというのは想定した通りのこと。
われわれはレース中、タイヤがスペクタクルの重要な一端を担うことを狙っているんだ。
これまでと同じタイヤを作ったなら、全員が1回のタイヤ交換に留まってしまうだろう。
しかしわれわれはよりライフの短いタイヤを用意するつもりで、これによりレース中のタイヤ交換はこれまでよりも確実に多くなり、レースの展開がエキサイティングなものになる筈だよ」

ドライバーの中には、レース中3-4回のタイヤ交換を予測する向きすらあるようだ。

|

« ウィリアムズ・チーム、KERSシステムの開発に腐心 | トップページ | インドGP、FIA(国際自動車連盟)の査察も順調 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50875714

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリF1タイヤ、早い摩耗に「想定した通り」:

» ピレリタイヤの交換回数は? [MotorSports]
合同テストからブリヂストンに対してピレリが相当早い段階でタイヤが磨耗するとドライバーから言われている それに対してピレリからは 「チームはこれまで1セットのタイヤで50~60周を走ることができたのだろうが、今は違う」とヘンベリー。 「我々は、チームにタイヤ交換をさせる状況を作ることと耐久性の間でいいバランスを探っているところだ」 「計画したとおりに進んでいる。非常に複雑な作業だ。タイヤの耐久性をよくしすぎると、チームのタイヤ交換は1回で済んでしまい、それでは去年までと同じだ」 「それを避けるためには... [続きを読む]

受信: 2011/02/15 12:15

» ピレリタイヤの特性は? [Station-wagon<ステーションワゴン>]
ヘレスでの合同テストを終えた各チームにとって、これからより重要なポイントとなるピレリタイヤの特性を掴むのに苦労している?昨年までのブリヂストンタイヤに比べ磨耗が早く安定性にかけるとの指摘もある。ピレリは、テストの結果を受けて開幕から4戦までのタイヤを...... [続きを読む]

受信: 2011/02/16 23:15

« ウィリアムズ・チーム、KERSシステムの開発に腐心 | トップページ | インドGP、FIA(国際自動車連盟)の査察も順調 »