« マクラーレン・チーム、2011年新型車『MP4-26』を発表 | トップページ | フォース・インディア、マクラーレンからの技術供与契約延長 »

2011/02/05

2011年シーズン、バトンの懸念はボタンにあり?

McLaren 『MP4-26』Steering (C)McLaren Group
拡大します
2011年シーズン、タイトル奪還を狙うマクラーレン・チームが新型車『MP4-26』を発表したが、こちらも今季の新しいレギュレーションに合わせいくつものデバイスが増加。
それを操作するコントロールボタンがステアリングホイール上に増えている。

これについて同チームのジェンソン・バトンは、「たしかにボタンが増えてドライビングにはこれまでより一層注意が必要になると思う。
可変リヤウィングや「KERS」(運動エネルギー回収システム)を操作しなければならなくなったからね。
これまでシミュレーターでトレーニングはしてきたけれど、実際にコースを走るときにはタイヘンなんだろうね。
ボタンに注意しなくっちゃ」と、語っている。

ちなみにジェンソン・バトンのButtonとボタンのbuttonとはまったく同じスペルの言葉だ。

|

« マクラーレン・チーム、2011年新型車『MP4-26』を発表 | トップページ | フォース・インディア、マクラーレンからの技術供与契約延長 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50779833

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年シーズン、バトンの懸念はボタンにあり?:

» MP4-26 [UKYOのつぶやき]
皆様御機嫌如何ですか? [続きを読む]

受信: 2011/02/07 01:06

« マクラーレン・チーム、2011年新型車『MP4-26』を発表 | トップページ | フォース・インディア、マクラーレンからの技術供与契約延長 »