« ルノー・チーム、2011年は英国籍のライセンスに | トップページ | マルドナド(ウィリアムズ)、母国ベネズエラで存在感 »

2011/01/16

T.クリステンセン、「ドライバー出身レーススチュワード成功」

Tom Kristensen (C)Audi Motorsport

昨シーズン、ジャン・トッドFIA会長のもと導入されたF1グランプリにおけるドライバー出身枠のレーススチュワード(競技審査委員)だが、オーストラリアGPでこれを担当したトム・クリステンセン氏は、「大成功だった」と語った。

これは英国バーミンガムで行われている『オートスポーツ・インターナショナル・ショー』での会見で明らかにしたもので、その中で同氏は「実際にモーターレーシングを経験した元ドライバーがスチュワードに加わることで、起きたことについた正しい判断が下されるようになった。
ドライバーも不正行為ができなくなったし、間違いなくこれは大成功だったと受け止めているね」と、高く評価した。

クリステンセン氏自身はF1出走こそないが、スポーツカーレース、とりわけルマン24時間レースでは史上最多となる通算8回もの総合優勝経験を持ち、その言葉は若いドライバーからも重く受け止められている。

|

« ルノー・チーム、2011年は英国籍のライセンスに | トップページ | マルドナド(ウィリアムズ)、母国ベネズエラで存在感 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50598360

この記事へのトラックバック一覧です: T.クリステンセン、「ドライバー出身レーススチュワード成功」:

« ルノー・チーム、2011年は英国籍のライセンスに | トップページ | マルドナド(ウィリアムズ)、母国ベネズエラで存在感 »