« 『ロータス名称闘争』、いよいよ法廷持込有力に | トップページ | F.ファウジー(マレーシア)、ロータス・ルノーGPに転身 »

2011/01/19

ウィリアムズ、最初のテストマシン実は暫定型

Rubens Barrichello (C)Williams F1
拡大します
2011年シーズン、ベネズエラからの大型スポンサー参加を得て躍進を図るウィリアムズ・チームだが、同チームもまた他と同様2月1日の合同テスト初日に新型車を発表するとしている。

しかしここに来て、ウィリアムズ・チームが実際に登場させるのは2011年新型車『FW33』ではなく、暫定のものに留まるのではないかとみられている。
実際の完全なる新型車は2月中旬になる見通しということで、マクラーレン・チーム同様(?)他チームの動向を探りながらの新型車投入になるようだ。

|

« 『ロータス名称闘争』、いよいよ法廷持込有力に | トップページ | F.ファウジー(マレーシア)、ロータス・ルノーGPに転身 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50626363

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ、最初のテストマシン実は暫定型:

» ウィリアムズ新車発表も投入はもう少し先か? [MotorSports]
2/1のテスト解禁日には新車FW33を発表するウィリアムズだが どうやら実際の投入時期は2月中旬になるのでは?とのことだ さてマクラーレンと同じ考え方で少しでも開発をしようとのことか? それとも遅れているのか? F1 (エフワン) 速報 2011年 2/3号 [雑誌] by G-Tools Bookmark on Delicious Digg this post Recommend on Facebook share via Reddit Share with Stumblers Tweet abo... [続きを読む]

受信: 2011/01/19 23:29

« 『ロータス名称闘争』、いよいよ法廷持込有力に | トップページ | F.ファウジー(マレーシア)、ロータス・ルノーGPに転身 »