« 2011年のF1はピットストップ増加でよりスリリングに? | トップページ | 大本命レッドブル・レーシングの新型車もまた2月1日に »

2011/01/21

ピレリ、新たなタイヤ識別方法を模索

Pirelli Tyre
2010年シーズン、ブリヂストンのF1タイヤは緑のラインを標示することによってタイヤのコンパウンド(ハードとソフト)を識別していたが、今年新たにF1タイヤのサプライヤーとなったピレリは異なる方法を考えているようだ。

それによればピレリのF1タイヤにはこれまでの同社の他のモータースポーツ用タイヤと同様『Pirelli P Zero』というブランド名が大きな文字で描かれる予定で、この文字の色を変えることによって区別するものという。
一部メディアによれば、ハードが黄色、ミディアムが青、ソフトは白、そしてスーパーソフトが赤になるとの案がすでに示されている。

|

« 2011年のF1はピットストップ増加でよりスリリングに? | トップページ | 大本命レッドブル・レーシングの新型車もまた2月1日に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50642601

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、新たなタイヤ識別方法を模索:

» ピレリのタイヤ識別方法 [FASTEST LAP -F1を3倍楽しむブログ-]
ピレリはタイヤの種類を識別する方法として タイヤのサイドにかかれたロゴ(Pirelli P Zero)の文字色を変える方法をとるらしい。 ハード、ミディアム、ソフト、Sソフトという4種類になることは決まっているが、 それぞれ色を割り当てて識別しよう・・・というもの。... [続きを読む]

受信: 2011/01/21 07:31

» [F1]2011年版タイヤの見分け方 [試行錯誤のすぱいらる]
今シーズンからF1タイヤの単独サプライヤーとなったピレリですが、タイヤコンパウンドの見分け方をブリヂストンとは違う方法で行うとのこと。 数年前、FIAは単独サプライヤーのブリヂストンに、レース中に「ハード」タイヤと「ソフト」タイヤの違いを区別しなければな... [続きを読む]

受信: 2011/01/21 10:04

» 世界最速のF1タイヤ―ブリヂストン・エンジニアの闘い [三十路女のへっぽこ生活]
M・シューマッハーに「ハミー」と呼ばれ、絶大な信頼を得ているブリヂストンの浜島裕英さんの著作です。浜島さんが大学で何を学び、ブリヂストンでどんな仕事をしてきたのか、どのように仕事をしてきたのか、ブリヂストンとはどんな会社か。F1ファンならずともとても興味深... [続きを読む]

受信: 2011/01/21 14:57

« 2011年のF1はピットストップ増加でよりスリリングに? | トップページ | 大本命レッドブル・レーシングの新型車もまた2月1日に »