« 「ウェットタイヤのテストも大成功」と、デ・ラ・ロサ | トップページ | 『ローマGP』、正式に開催計画を断念 »

2011/01/22

ヴァージンの新型車は最初のテストに間に合わず

2010 Scene (C)Virgin Racing
拡大します
まだ正式な2011年新型車の日程が明確にされていないヴァージン・レーシングだが、多くのチームが顔を揃える新年最初の合同テスト(2/1-2/3:バレンシア・サーキット)には間に合わないことをすでに認めている。
今シーズン、ロシアのスポーツカー・メーカー『マルシア』が資本参加、タイトル・スポンサーとなることが決まっている同チームでは、こうしたこともあって体制の準備が遅れたようだ。

なお関係者の話では、2回目の合同テスト(2/10-2/13:ヘレス・サーキット)が始まる前の2月7日(月)あたりに発表できるのではないかという。
なお、マシン名はマルシアの『M』を取って『MVR-02』になるとの見方が有力だ。
(昨年は『VR-01』)

|

« 「ウェットタイヤのテストも大成功」と、デ・ラ・ロサ | トップページ | 『ローマGP』、正式に開催計画を断念 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50651114

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァージンの新型車は最初のテストに間に合わず:

» ヴァージンレーシング新車は登場は遅れ気味 [MotorSports]
2010シーズン最下位だったヴァージンレーシング 2011シーズンは巻き返しを図りたいところだがどうやら新車は2/1からのテストには登場させることができないようで 2回目の合同テストである 2/10-2/13:ヘレス・サーキット の前には発表できるのではないかとのことだ マシン名は 『MVR-02』 になるだろうとのこと F-1速報PLUS(プラス) vol.17 2011年 2/20号 [雑誌] GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2011年 02月号 [雑誌] オー... [続きを読む]

受信: 2011/01/22 20:12

« 「ウェットタイヤのテストも大成功」と、デ・ラ・ロサ | トップページ | 『ローマGP』、正式に開催計画を断念 »