« F1のテレビ視聴者数、2010年は史上初最高に | トップページ | ヒスパニア、ハリウッド感覚でイメージアップ狙う »

2011/01/23

リウッツィのマネージャー、「確かなことは何もない」

Vitantonio Liuzzi (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
いまだ2011年のレースドライバー・シートが明確でないフォース・インディア・チームだが、2010年のドライバーだったビタントニオ・リウッツィ(30歳:イタリア)のパーソナル・マネージャーであるピーター・コリンズ氏が不確かな現在の状況を認める発言をしている。

「われわれは今シーズンもリウッツィがF1で走るという点でいささかの疑念も持っていない。
しかしここに来てリウッツィとチームとの2011年の契約について、契約書にいささかの法律的に未解決の問題があることがわかった。
チームが早く明確な見解を発表することをわれわれは期待しているが、いま確かなことは何もないんだ」と、コリンズ氏は英『BBCスポーツ』の取材に答えた。

しかし、「レースをするのか?」とのさらなる質問に同マネージャーは明言することはなく、場合によってはリザーブ&テストドライバーに落ち着くのではないか、との見方も広がっている。
その場合、フォース・インディアの2011年ドライバーはエイドリアン・スーティル&ポール・ディ・レスタになるとみられる。

|

« F1のテレビ視聴者数、2010年は史上初最高に | トップページ | ヒスパニア、ハリウッド感覚でイメージアップ狙う »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50661622

この記事へのトラックバック一覧です: リウッツィのマネージャー、「確かなことは何もない」:

« F1のテレビ視聴者数、2010年は史上初最高に | トップページ | ヒスパニア、ハリウッド感覚でイメージアップ狙う »