« フォース・インディア、ディ・レスタの起用を発表 | トップページ | 失意のヒュルケンバーグ、「来年は必ずレースドライバー復帰」 »

2011/01/27

メルセデスGP、シューマッハの『シミュレーター酔い』認める

F1 Driving simulator (C)BMW Sauber F1
拡大します
一部メディアが伝えた、シューマッハの不振について『シミュレーター原因説』との報道について、チームがこれを認めるという変わった展開がみえてきた。

それによれば、レギュレーションでテストが制限されていることから現在ほとんどのチームで導入されているコンピュータ制御のドライビング・シミュレーターをチームメイトであるニコ・ロズベルグが積極的に使いこなしているのに対し、シューマッハは『シミュレーター酔い』になることが多く、あまりこれに向かっていなかったとのこと。
このためサーキットでのスタート時にすでにセットアップでチームメイトに先を越されていたことから、これが2010年シーズンの不振を呼んだというのがシミュレーター原因説。

ただ同チームでは、「シューマッハはすでに担当エンジニアと共に解決策を見出しているので、今シーズンは心配ない」と強調、本来のパフォーマンス発揮を確約している。

|

« フォース・インディア、ディ・レスタの起用を発表 | トップページ | 失意のヒュルケンバーグ、「来年は必ずレースドライバー復帰」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスGP、シューマッハの『シミュレーター酔い』認める:

» 最強F1チャンピオン皇帝シューマッハは乗り物酔いしやすい [[246]ログ]
Tweet 7度のチャンピオンを獲得した史上最強のF1ドライバー、皇帝とまで呼ばれたミハエル・シューマッハさん、何と乗り物酔いしやすい人だったそうです・・・ 乗り物酔いを認めるメルセデスGP | Mercedes | F1ニュース | ESPN F1 チーム側の発表によると、42歳のシューマッハが乗り物酔いに苦労するようになったのはF1復帰後に限ったことではなく、91勝を挙げた1度目の現役時代にもあったという。 ミハエル・シューマッハ、2010年の不調は「乗り物酔い」が原... [続きを読む]

受信: 2011/01/28 09:45

« フォース・インディア、ディ・レスタの起用を発表 | トップページ | 失意のヒュルケンバーグ、「来年は必ずレースドライバー復帰」 »