« R.ブランソン会長(ヴァージン)の搭乗勤務、負傷で延期に | トップページ | M.シューマッハ、スイスの豪邸を売却 »

2011/01/17

D.クルサード氏、それでもレッドブルとの関係継続

D.Coulthard & M.Webber (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングでF1ドライバーとしての経歴を終えた後も、なお同グループでコンサルタントとしての役割を続けるデビッド・クルサード(39歳:イギリス)氏だが、一方で英国BBC放送のF1コメンテーターでもあることからその公平性に疑問の声が投げ掛けられていた。
しかし今回、同氏はさらにレッドブル・レーシングとの関係を継続することを明らかにし、一部で波紋を呼んでいる。

これについてBBC放送のスポークスマンは、「われわれはこれまでも放送の公平性についていささかの疑問も感じていないし、これについて視聴者から異議が出ることもないと確信している」との声明を出した。
なお、クルサード氏自身やレッドブル・レーシングはこれについて沈黙を守ったままだ。

|

« R.ブランソン会長(ヴァージン)の搭乗勤務、負傷で延期に | トップページ | M.シューマッハ、スイスの豪邸を売却 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50609439

この記事へのトラックバック一覧です: D.クルサード氏、それでもレッドブルとの関係継続:

« R.ブランソン会長(ヴァージン)の搭乗勤務、負傷で延期に | トップページ | M.シューマッハ、スイスの豪邸を売却 »