« ジャッキー・スチュワート氏、「現在のF1環境は理想的」 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)、「ベッテル、恐るに足らず」 »

2010/12/29

ルイス・ハミルトン、「今年の敗因はプライベートなもの」

Lewis & Anthony Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン、最終戦までチャンピオンに望みを繋ぎながらも2度目のタイトル獲得は果たせなかったマクラーレン・チームのルイス・ハミルトンが、「今年の敗因」を英『BBCスポーツ』に語っている。

この中でハミルトンは、「F1グランプリの現場というよりも、むしろプライベートなほうにいろいろと問題があった」と、打ち明けている。
それによれば、「F1ドライバーの生活はただグランプリの現場だけにあるだけでなく、これにイベント出席など様々な仕事が伴うんだ。
そのためにはプライベートが安泰でなければならないよ。
その意味、今年のボクが万全だったのかといわれれば……
それは、ね」とのこと。

周囲では、ハミルトンのパーソナル・マネージャーを務め、それこそ幼少時代から共にあった父アンソニー氏との間がギクシャクしたことに要因があるとも指摘されている。

|

« ジャッキー・スチュワート氏、「現在のF1環境は理想的」 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)、「ベッテル、恐るに足らず」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50428179

この記事へのトラックバック一覧です: ルイス・ハミルトン、「今年の敗因はプライベートなもの」:

» プライベートでの問題ですか、ハミルトン [予定は未定であって決定ではない]
 んー、よくわかんねー。まー、それもチャンピオンを1度とってるからこそ起きている問題にも思えるね。確かに昔に比べると、父親が見守っているシーンが減った気もするなぁ。 [続きを読む]

受信: 2010/12/29 16:45

« ジャッキー・スチュワート氏、「現在のF1環境は理想的」 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)、「ベッテル、恐るに足らず」 »