« F1関係者、一様にドライバー出身スチュワードを支持 | トップページ | ロータス・レーシング、ファウジーの後任GP2ドライバーから »

2010/12/14

FIA(国際自動車連盟)、「ドライバーの危険行為には高い関心」

Image (C)Redbull Racing
拡大します
FIA(国際自動車連盟)の世界モータースポーツ評議会は、先にチームオーダー禁止を撤廃するなど大きな方針転換を示したが、その一方で「ドライバーの危険な行為にはこれまで以上に高い関心を持つ」と、プレッシャーを掛けている。

それによれば、例えばストレートで後続車に対し小刻みに進路を変更したり、自己のポジションを守るために他車をコース端に追いやったりした場合には、直ちにペナルティを科すというもの。
「コース端の白線はまだトラックの一部分と考えられるが、縁石はそうではない」としている。
さらに周回遅れのマシンに対して示される青旗への対応も従前より厳しくすると共に、ピットレーンでのオーバーテイクも禁止されるという。

ドライバーへのペナルティについても、来シーズンはリザルトからの排除や次戦の出走停止などが盛り込まれる模様だ。

|

« F1関係者、一様にドライバー出身スチュワードを支持 | トップページ | ロータス・レーシング、ファウジーの後任GP2ドライバーから »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50298286

この記事へのトラックバック一覧です: FIA(国際自動車連盟)、「ドライバーの危険行為には高い関心」:

» これは、ミハエルに対してなのかなぁ [予定は未定であって決定ではない]
 これって、暗にミハエルに対してハッキリと示したいのかなぁ、、、って、ミハエルがどうこうじゃなくて当然と言えば当然の話しだよね。 [続きを読む]

受信: 2010/12/15 13:39

« F1関係者、一様にドライバー出身スチュワードを支持 | トップページ | ロータス・レーシング、ファウジーの後任GP2ドライバーから »