« ルカ・バドエル(フェラーリ)、コクピットを降りる? | トップページ | TMG(トヨタ)、ルマン・シリーズにエンジン供給 »

2010/12/05

F1関係者、増加一方のグランプリ数を懸念

2010 F1 All Stars (C)Force India F1
拡大します
昨年全17戦だったF1グランプリは、今年19戦、来年はすでに20戦に拡大されることが確定しているが、こうした増加一方の動きに関係者から懸念の声が聞かれている。

1975年からF1参戦という老舗チームであるウィリアムズのフランク・ウィリアムズ代表は、「われわれはこうした増加する一方のレース数に懸念を持っている。
すでにロシアが加わることが決まっているし、アメリカにも復活の動きがある。
そうしたらF1は年間22戦にもなってしまうよ。
いくらなんでもこれは多過ぎるとわれわれは受け止めている」と、指摘した。

また前FIA会長であるマックス・モズレー氏も、「レース数を増やせば短絡的には(テレビ放映権など)収入を増やすことができるだろう。
しかし長い眼でみれば、多過ぎるF1グランプリ数はやがて視聴者から飽きられてしまい、全体として視聴率も低下することになる。
そうなってからでは遅いんだ」と、膨張一方のバーニー・エクレストン氏(FOM)の手法をに疑問を呈している。

|

« ルカ・バドエル(フェラーリ)、コクピットを降りる? | トップページ | TMG(トヨタ)、ルマン・シリーズにエンジン供給 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1関係者、増加一方のグランプリ数を懸念:

» ファンからしてみればレース数が増えるのはありがたいが [予定は未定であって決定ではない]
 この記事の中で、フランク・ウィリアムズがコメントしていること自体が興味深い。メーカー系でもなく、プライベーターとしてF1に参戦しており立ち位置的に非常に客観的な視点だと思う。 ... [続きを読む]

受信: 2010/12/05 09:58

« ルカ・バドエル(フェラーリ)、コクピットを降りる? | トップページ | TMG(トヨタ)、ルマン・シリーズにエンジン供給 »