« モンテツェモロ氏(フェラーリ)、4気筒エンジン規定に不快感 | トップページ | ホンダ、2013年からまたF1復帰目論む? »

2010/12/18

プロトン自動車(ロータス)、F1エンジン開発にも意欲

 Proton Logo
事実上ルノーF1チームを買収し、来季ルノー・エンジンを搭載して『ロータス・ルノーGP』としての参戦が決まっているロータス・グループだが、将来的には自らの手でF1エンジンを製作するという意欲もみせている。

これは、同グループのダニー・バハール/CEO(最高経営責任者)が明らかにしたもので、それによればグループの一員である『プロトン』が、自らF1エンジンの製作に乗り出すというもの。
同社にまだ世界レベルのレーシング・エンジン製作の実績はないが、2012年にはインディカー用のV8エンジンを開発することは決まっている。

プロトンはマレーシアの国策自動車メーカー大手で、スタート時は日本の三菱自動車の技術支援を得て発展してきたのは周知の事実。
またF1マレーシアGPを実現させたマハティール前首相の強いバックアップがあるのも良く知られたことだ。

|

« モンテツェモロ氏(フェラーリ)、4気筒エンジン規定に不快感 | トップページ | ホンダ、2013年からまたF1復帰目論む? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50330777

この記事へのトラックバック一覧です: プロトン自動車(ロータス)、F1エンジン開発にも意欲:

» F1に日本のメーカーが復帰するという噂 [[246]ログ]
Tweet 2013年からF1のエンジンは4気筒ターボエンジンになるというレギュレーションが決まりましたが、何と日本のメーカがF1に復帰するかも?という噂があるようです。 “F1復帰”ということならば、トヨタ、または、ホンダということなのでしょうか 日本の自動車メーカーがF1復帰? | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1 「日本のメーカーだ。彼らが新エンジンに興味を示したことには驚いたが、もちろん、コスト面が態度を変えたのかもしれない。ヨーロッパ(のメーカー)が上位にいて、技術... [続きを読む]

受信: 2010/12/18 13:51

« モンテツェモロ氏(フェラーリ)、4気筒エンジン規定に不快感 | トップページ | ホンダ、2013年からまたF1復帰目論む? »