« カルロス・ゴーン会長、『ルノー』の名称存続明言せず | トップページ | C.ホーナー代表(レッドブル)、「最終戦はドライバー自身の判断」 »

2010/11/09

M.ウィットマーシュ(FOTA代表)、「サーキット外のことはF1と別」

Martin Whitmarsh (C)McLaren Group
拡大します
ザウバー・チームのエンジニアらが銃を持った賊に襲われるなど、サンパウロ治安面での不安が伝えられたブラジルGPだったが、F1チームの集まりであるFOTAのマーティン・ウィットマーシュ代表(マクラーレン)は、「サーキット外のことはF1と別」として、冷静な対応をみせている。

「今回いろいろ不安な部分があったのは事実だが、あえて主催者の立場に立って言うならば、サーキット外で起きたことまで彼らのせいにするのはフェアではない。
なぜならそれらは彼らのコントロールが及ばない所で起きたものなのだから。
われわれは今もここインテルラゴスでのグランプリ開催をみんな支持しているよ。
ま、彼ら(賊)がさらに機関銃でも持つようになったら、また考えなければいけないだろうがね」

今回のブラジルGPでは、少なくとも5つの事件にF1関係者が巻き込まれたと報告されている。

|

« カルロス・ゴーン会長、『ルノー』の名称存続明言せず | トップページ | C.ホーナー代表(レッドブル)、「最終戦はドライバー自身の判断」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/49978015

この記事へのトラックバック一覧です: M.ウィットマーシュ(FOTA代表)、「サーキット外のことはF1と別」:

« カルロス・ゴーン会長、『ルノー』の名称存続明言せず | トップページ | C.ホーナー代表(レッドブル)、「最終戦はドライバー自身の判断」 »