« ヤルノ・トゥルーリ、ロータス・レーシング残留を示唆 | トップページ | シューマッハvsプロスト、夢の対決が実現! »

2010/11/26

マクラーレン・チーム、来季は『KERS』でリードか

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン、『Fダクト・システム』の開発をリードしたことによりマシン面で優位にあったとされるマクラーレン・チームだが、来季に向けてもハード面でのリードを確実にしたい考えのようだ。

同チームのマーティン・ウィットマーシュ代表は、「来シーズンにおいても、われわれはFダクトに類するような革新的な概念を導入し、優位に立ちたいと考えている。
そして、すでにその手応えを感じ取っているよ」と、アドバンテージを示唆した。
(FダクトやWディフューザーは来季禁止されることになっている)

また、別の取材で同チームのジェンソン・バトンは、その秘策がどうやら『KERS』(運動エネルギー回収システム)にあることをほのめかしているという。

|

« ヤルノ・トゥルーリ、ロータス・レーシング残留を示唆 | トップページ | シューマッハvsプロスト、夢の対決が実現! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/50133613

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン・チーム、来季は『KERS』でリードか:

« ヤルノ・トゥルーリ、ロータス・レーシング残留を示唆 | トップページ | シューマッハvsプロスト、夢の対決が実現! »