« リュ・シウォン、韓国GPサポートレースに出場 | トップページ | エクレストン氏、伝統のヨーロッパ大陸グランプリ牽制 »

2010/10/20

デ・ラ・ロサ、狙いはヒスパニア・レーシング入り?

Ex.Sauber Duo (C)BMW Sauber F1
拡大します
今シーズン、2006年(マクラーレン)以来のF1シートをゲットしたペドロ・デ・ラ・ロサだったが、そのザウバーから放出された今もなおフルタイムのレースシート獲得を窺っているようだ。

これはスペインのラジオ局『オンダ・セロ』で語ったもので、「現在行なっているピレリタイヤのテストが決定的な要素になるとは考えていないけれど、こうした経験の積み重ねは有益だと思っているよ。
今は若い、これから成長するチームに関心を持っている。
ヒスパニア・レーシングと連絡を取っているのは事実だよ。
彼らのプロジェクトが意欲的なものであるなら、その一員として働くのは楽しいことだろう」と話している。

1971年生まれのデ・ラ・ロサは、バリチェッロを抜いてシューマッハに次ぐ最高齢F1ドライバーということになるが、まだまだ意欲は失われていない。

|

« リュ・シウォン、韓国GPサポートレースに出場 | トップページ | エクレストン氏、伝統のヨーロッパ大陸グランプリ牽制 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デ・ラ・ロサ、狙いはヒスパニア・レーシング入り?:

» HRTはやめておいたほうが、、、 [予定は未定であって決定ではない]
 F1マシンに乗り続けたいというドライバーの気持ちは分かる。でも、流石にHRTは無いんじゃないか? 今年の結果というかHRTのマシンの走りをみて、このチームがどういうチームか、デ・ラ・ロサは十分分かっていると思うのだが、それでも乗りたいというのだろうか?... [続きを読む]

受信: 2010/10/20 08:39

« リュ・シウォン、韓国GPサポートレースに出場 | トップページ | エクレストン氏、伝統のヨーロッパ大陸グランプリ牽制 »