« ルノー、露スポンサー獲得でまたペトロフ有利に? | トップページ | 日本GP、初日の観客数は3万3000人 »

2010/10/09

ブリヂストン 日本GPフリー走行の模様

2010年F1世界選手権 日本GP 金曜日プラクティス

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
日本GP初日は、ブリヂストンのソフトタイヤを装着したセバスチャン・ベッテル選手が、鈴鹿の曲がりくねったコースで最速ラップタイムを記録した。
ベッテル選手は午前のセッションではハードタイヤで最速タイムを記録し、その後、午後のセッションで1分31秒465を記録した。

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェローとのQ&A
今日の走行のポイントを教えて下さい。
「今日は、少しも気を抜くことができない鈴鹿に今年のクルマやドライバーたちが挑戦するエキサイティングな走行を見ることができました。
予想通り、コース路面は1日を通して向上しました。
特にサーキットがよりドライだった午前のセッションでは、デグナーカーブが問題となったドライバーが数名いました。
粗い古い路面からスムーズな新しい路面に変わる部分がありますが、これも良いチャレンジとなります。
われわれが初めてF1タイヤをテストした鈴鹿で、タイヤは全体的に力強いパフォーマンスを発揮しました」

今回のタイヤのアロケーションには、今週末、どんな性能を期待しますか?
「どちらのコンパウンドも今日はとても良かったと思います。
リヤよりもフロントに少し多く、いくらかのグレイニングがありましたが、特に心配するほどのことではありません。
それよりも、天気が心配です。雨になる可能性が高いので、そうなると今日よりも難しくなるでしょう。
ドライのままならば新しいラップレコードが記録される可能性もありますが、それも天気次第だと思います」

|

« ルノー、露スポンサー獲得でまたペトロフ有利に? | トップページ | 日本GP、初日の観客数は3万3000人 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/49688905

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン 日本GPフリー走行の模様:

» 世界最速のF1タイヤ―ブリヂストン・エンジニアの闘い [三十路女のへっぽこ生活]
M・シューマッハーに「ハミー」と呼ばれ、絶大な信頼を得ているブリヂストンの浜島裕英さんの著作です。浜島さんが大学で何を学び、ブリヂストンでどんな仕事をしてきたのか、どのように仕事をしてきたのか、ブリヂストンとはどんな会社か。F1ファンならずともとても興味深... [続きを読む]

受信: 2010/10/09 14:50

» F1第16戦 日本GP フリー走行2回目 [三十路女のへっぽこ生活]
アタシの好きなジェンソン・バトン選手は27周してベストタイムは1:32.533(6位)! 、、、フリー2回目もレッドブルの1−2、、、。 やっぱ速いなあ。     [続きを読む]

受信: 2010/10/09 14:53

« ルノー、露スポンサー獲得でまたペトロフ有利に? | トップページ | 日本GP、初日の観客数は3万3000人 »