« 日本GP公式予選は雨のため日曜日に | トップページ | ハミルトン(マクラーレン)にグリッド5番降格ペナルティ »

2010/10/10

ブリヂストン 日本GP公式予選(土曜日)の模様

Sauber Ship (C)BMW Sauber F1
拡大します
2010 FIA Formula One World Championship 第16戦 日本GP [予選]
2010年F1世界選手権 日本GP 土曜日
開催場所:鈴鹿サーキット 開催日:10月8日~10月10日

今日の鈴鹿サーキットはウェット・コンディションのために走行が制限されたが、スクーデリア・トロロッソのハイメ・アルグエルスアリ選手が最速ラップタイムを記録した。
予選セッションは3回の遅延の後に明日に延期となった。

午前のプラクティス・セッションではアルグエルスアリ選手が9周を走った。
彼の他に土砂降りのサーキットで計測ラップを記録したのはヴァージン・レーシングのティモ・グロック選手だけ。
現在、予選は日曜日の午前10時、決勝は午後3時に予定されている。

安川ひろし (株)ブリヂストン モータースポーツ推進室長
「今日、ひどい雨の中を鈴鹿に集まってくださったファンの皆さんに感謝します。
こんな天気ですが、グランプリスクエアのブリヂストンサポートステージには大勢のドライバーたちが登場し、大勢のファンの皆さんに楽しんでいただくことができました。
明日は、丸1日予選とレースを楽しんでいただける、エキサイティングな日になることを願っています」

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェローとのQ&A

今日の走行のポイントを教えて下さい。
「今日はひどい天候で午前中は殆ど走行は出来ず、午後も大雨が続きました。
コースの水の量が多すぎたため、予選は遅延の後、延期となりました。
全員のドライバーが少なくとも1ラップを走りましたが、深い水たまりが多数あり、コースを大量の水が流れていたため、全員がハイドロプレーニング現象を報告していました。
ウェット天候用のF1タイヤにとっても過酷なウェット・コンディションでしたので、予選延期の決定は正しかったと思います」

明日のレースではどのような戦略が考えられますか?
「空模様を見なければならないでしょう。
雨が降らなければ、雨で綺麗になったコースを走ることになりますが、路面にはラバーが乗っていない状況からのスタートとなり、その後、路面コンディションは変化し続けることになるでしょう。
雨が降ったとしても、今日ほどの大雨ではないことを願います。
時速300㎞で走るF1カーに装着すると、われわれのウェットタイヤは1秒当たり61リットルの水を排水することができますが、このウェットタイヤでも今日の午後は水が多すぎました」


|

« 日本GP公式予選は雨のため日曜日に | トップページ | ハミルトン(マクラーレン)にグリッド5番降格ペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/49697808

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン 日本GP公式予選(土曜日)の模様:

» 世界最速のF1タイヤ―ブリヂストン・エンジニアの闘い [三十路女のへっぽこ生活]
M・シューマッハーに「ハミー」と呼ばれ、絶大な信頼を得ているブリヂストンの浜島裕英さんの著作です。浜島さんが大学で何を学び、ブリヂストンでどんな仕事をしてきたのか、どのように仕事をしてきたのか、ブリヂストンとはどんな会社か。F1ファンならずともとても興味深... [続きを読む]

受信: 2010/10/10 10:16

« 日本GP公式予選は雨のため日曜日に | トップページ | ハミルトン(マクラーレン)にグリッド5番降格ペナルティ »