« 韓国GP主催者、「来年に向け課題解決する」 | トップページ | バリチェッロ率いるGPDA、F1への発言力増大へ »

2010/10/27

もらい事故ロズベルグ(メルセデスGP)、憤懣やるかたなし

Mark Webber (C)Redbull Racing
拡大します
韓国GP決勝レース、突然マシンコントロールを失ったウェバー(レッドブル)のとばっちりを受け、もらい事故でリタイヤに追い込まれたメルセデスGPのニコ・ロズベルグが、自身のサイトでその憤懣やるかたない心境を暴露している。

「まったく信じられないよ。
ウェバーは自分がスピンした時、なぜすぐブレーキを踏んでマシンを止めなかったのか。
そのままコースに戻ってくるなんてあり得ない。
まさにクレージーさ。
おかげで僕のレースは台無し。
彼には反省してもらわないと」

予選で3強に割って入る5番グリッドを獲得したロズベルグは、決勝レースでも好走。
さらに順位を4位まで挙げた18周目、このもらい事故で戦列を去りノーポイントに終わったもの。
これに対しウェバーのほうは全面的に自分が悪かったと認めている。

|

« 韓国GP主催者、「来年に向け課題解決する」 | トップページ | バリチェッロ率いるGPDA、F1への発言力増大へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/49857477

この記事へのトラックバック一覧です: もらい事故ロズベルグ(メルセデスGP)、憤懣やるかたなし:

« 韓国GP主催者、「来年に向け課題解決する」 | トップページ | バリチェッロ率いるGPDA、F1への発言力増大へ »