« ロータス、コスワース・エンジン契約解消へ | トップページ | F1日本GPの国歌独唱は秋川雅史さんに »

2010/09/14

上位チーム、いずれも「陰謀説」で疑心暗鬼に

Redbull Duo (C)Redbull Racing
拡大します
目下、今季のF1タイトルはレッドブル、マクラーレン、そしてフェラーリの3チームで争われているが、先に問題となったチームオーダー説を彷彿とさせるように「陰謀説」がささやかれて関係者は疑心暗鬼になっているようだ。

これまでのポイトンで僚友マッサをアロンソが上廻るフェラーリでは、マッサのピット作業が遅れたためにアロンソが逃げ切ったが、これが作為的なものではなかったのか、というのが一つ。

またウェバーがベッテルをポイントで上廻るレッドブルでは、今回のレース中ベッテルが謎のスローダウンでウェバーの先行を許した。
このトラブルについて当初はエンジンによるものと伝えられたが、レース後クリスチャン・ホーナー代表は「ブレーキトラブル」との見解を示している。

いずれにしてもドライバー自身の責任や関与による遅れではないことから周囲に「要らぬ心配」を呼んでいるのが事実だ。

|

« ロータス、コスワース・エンジン契約解消へ | トップページ | F1日本GPの国歌独唱は秋川雅史さんに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/49442625

この記事へのトラックバック一覧です: 上位チーム、いずれも「陰謀説」で疑心暗鬼に:

» また、チームオーダー系の話しですか [予定は未定であって決定ではない]
 はぁ? この前のイタリアGPの結果を見る限り、マッサのピットを"わざと"遅らせる必要は無いよね。ドンだけピットストップが早くても、アロンその前には出られなかっただろうし、そもそも、アロンソはともかくバトンよりは前に行かせたいんだから、わざとそんなことをする必要性は無いよな。... [続きを読む]

受信: 2010/09/14 09:26

« ロータス、コスワース・エンジン契約解消へ | トップページ | F1日本GPの国歌独唱は秋川雅史さんに »