« アロンソ(フェラーリ)がシンガポールでも連続ポール獲得 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「初コースなのにうれしい!」 »

2010/09/26

ブリヂストン シンガポールGP公式予選の模様

Fernaodo Alonso (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2010 FIA Formula One World Championship 第15戦 シンガポールGP [予選]
2010年F1世界選手権 シンガポールGP 予選
開催場所:シンガポール 開催日:9月24日~9月26日

シンガポールGP予選は、マリーナ・ベイのストリートコースの過酷なターンをブリヂストンのスーパーソフト・コンパウンド・ポテンザタイヤで攻略したスクーデリア・フェラーリ・マールボロのフェルナンド・アロンソ選手が、シーズン唯一の夜の予選でポールポジションを獲得した。

アロンソ選手の予選タイムは1分45秒390。
明日のレースのフロントローの隣には、予選前のプラクティス・セッションでトップタイムを記録したレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテル選手が並ぶ。
今日は2種類のドライ・コンパウンドとウェットとインターミディエイト・タイヤが使われた。

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェローとのQ&A

今日の走行のポイントを教えて下さい。
「今日も走行開始時は路面が濡れた難しいコース・コンディションでした。
ドライバーは、もちろんバリアに接触しないようにドライブしなければなりませんし、エンジニアは、このようなチャレンジングかつエンターテイニングでもあるコンディションでのタイヤの性能の理解に努めなければなりません。
われわれにとってはこのサーキットのような路面変化は非常に稀なため、タイヤの動きを理解するのが困難です。
全体的にスーパー・ソフトのドライバーからのフィードバックは通常よりもオーバーステア気味ですので、今週末は興味深いです」

明日のレースではどのようなタイヤ戦略が考えられますか?
「いつ、そして果たして雨が降るのかというのが戦略を決める一番重要な要素になると思います。
路面がウェットならば、路面が乾くまでに長い時間がかかりますので、コックピットの中のドライバーたちには非常に正確なドライビングと集中力が求められます。
路面がドライなレースならば、2種類のドライ・コンパウンドの摩耗や耐久性を考えると幅広い戦略のオプションが可能になりますので、様々な戦略が用いられることになるでしょう。
ウェットでもドライでも、明日はピットウォールのメンバーにとっては高い集中力を求められるレースになりますが、今日が見所のある予選セッションになったのと同じように、エンターテイニングなレースになる可能性が高いと思います」

|

« アロンソ(フェラーリ)がシンガポールでも連続ポール獲得 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「初コースなのにうれしい!」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/49563510

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン シンガポールGP公式予選の模様:

» F1シンガポールGP(2010 R15) [UKYOのつぶやき]
F1第15戦シンガポールGP [続きを読む]

受信: 2010/09/26 07:10

» F1第15戦 シンガポールGP 予選結果 [三十路女のへっぽこ生活]
順位 ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 1 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1分46秒541 1分45秒809 1分45秒390 2 セバスチャン・ベッテル レッドブル 1分46秒960 1分45秒561 1分45秒457 3 ルイス・ハミルトン マクラーレン 1分48秒296 1分46秒042 1分45秒571 4 ジェンソン・バ... [続きを読む]

受信: 2010/09/26 13:19

» 世界最速のF1タイヤ―ブリヂストン・エンジニアの闘い [三十路女のへっぽこ生活]
M・シューマッハーに「ハミー」と呼ばれ、絶大な信頼を得ているブリヂストンの浜島裕英さんの著作です。浜島さんが大学で何を学び、ブリヂストンでどんな仕事をしてきたのか、どのように仕事をしてきたのか、ブリヂストンとはどんな会社か。F1ファンならずともとても興味深... [続きを読む]

受信: 2010/09/26 13:19

» F1(5369) マッサ、エンジンが無い!・・・(笑) [戀は糸しい糸しいと言う心]
         フェリペ・マッサ、今シーズン割り当てられている8期のエンジンを [続きを読む]

受信: 2010/09/26 19:04

« アロンソ(フェラーリ)がシンガポールでも連続ポール獲得 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「初コースなのにうれしい!」 »