« ヒュルケンバーグ(ウィリアムズ)にも20秒加算のペナルティ | トップページ | クラッシュの小林可夢偉(ザウバー)、「マシンめちゃくちゃ」 »

2010/09/27

ブリヂストン シンガポールGP決勝レースの模様

Fernaodo Alonso (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2010 FIA Formula One World Championship 第15戦 シンガポールGP
F1世界選手権 シンガポールGP 決勝
開催場所:シンガポール 開催日:9月24日~9月26日

マリーナ・ベイのストリート・コースで開催されたシンガポールGP決勝は、スーパーソフト?ミディアムのタイヤ戦略で戦ったスクーデリア・フェラーリ・マールボロのフェルナンド・アロンソ選手がスリリングな波乱のレースに優勝した。

アロンソ選手はでレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテル選手をリードしてフィニッシュラインを越えたが、その差はわずか0.293秒。最後まで勝負の行方が分からないレースだった。
チャンピオンシップをリードするマーク・ウェバー選手が3位に入った。

安川ひろし (株)ブリヂストン モータースポーツ推進室長
「2戦連続で優勝したフェルナンド・アロンソ選手とフェラーリにお祝いを申し上げます。
また、見応えのある最高のレースを開催してくれたシンガポールのオルガナイザーにもお祝いを申し上げます。
今回はチームにとってもドライバーにとっても非常にタフなレースでしたが、ファンや観客の皆さんにとっては、美しいシンガポールの夜のスカイラインを背景に開催された非常にエキサイティングなグランプリになりました。
ここシンガポールのグランプリは、非常に多くの新しいファンと共に、今後もF1にとっては欠かせないイベントであり続けるでしょう。
ここから全世界へブリヂストン・ブランドが深く印象に残る形で発信できていると信じています」

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェロー
「今日も非常にエキサイティングなレースを見ることができました。
完全なドライ・コンディションは今週末初めてでしたので、路面がかなり大きく変化しました。
そのため戦略も非常に興味深く、2種類のコンパウンドがどのような性能を発揮するのか、われわれも皆、注目していました。
クルマやクルマのセットアップ、またドライビング・スタイルによってタイヤの摩耗や性能の落ちは異なりました。
フェルナンド・アロンソ選手もセバスチャン・ベッテル選手も非常に良くタイヤをマネージしたと思います。
ふたりは同じような戦略でしたので、レースの最後まで非常に激しい接戦のバトルでした。
マーク・ウェバー選手は同じタイヤでほとんど全てのレースの距離を走り、ミディアム・コンパウンドの耐久性を証明してくれました。
ウェバー選手のタイヤは力強い性能を発揮し続けたばかりではなく、ルイス・ハミルトン選手との接触にも耐えました。
この接触で右フロント・タイヤのサイドウォールがリムのアライメントから押し出されましたが、レースの最後まで内圧を維持することができました。
今日は、このタイヤがほんとうの日本の根性を見せてくれたと言えます」

|

« ヒュルケンバーグ(ウィリアムズ)にも20秒加算のペナルティ | トップページ | クラッシュの小林可夢偉(ザウバー)、「マシンめちゃくちゃ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/49574643

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン シンガポールGP決勝レースの模様:

» F1第15戦 シンガポールGP 決勝結果 [三十路女のへっぽこ生活]
順位 No. ドライバー チーム 1 8 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 2 5 セバスチャン・ベッテル レッドブル 3 6 マーク・ウェバー レッドブル 4 1 ジェンソン・バトン マクラーレン 5 4 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP 6 9 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズ 7 11 ロバ... [続きを読む]

受信: 2010/09/27 10:31

» 世界最速のF1タイヤ―ブリヂストン・エンジニアの闘い [三十路女のへっぽこ生活]
M・シューマッハーに「ハミー」と呼ばれ、絶大な信頼を得ているブリヂストンの浜島裕英さんの著作です。浜島さんが大学で何を学び、ブリヂストンでどんな仕事をしてきたのか、どのように仕事をしてきたのか、ブリヂストンとはどんな会社か。F1ファンならずともとても興味深... [続きを読む]

受信: 2010/09/27 10:42

« ヒュルケンバーグ(ウィリアムズ)にも20秒加算のペナルティ | トップページ | クラッシュの小林可夢偉(ザウバー)、「マシンめちゃくちゃ」 »