« メルセデスGP、ハイドフェルドの後任指名急がず | トップページ | ピレリタイヤ、「ハイドフェルドはタイヤ開発にベスト」 »

2010/08/19

レッドブル・レーシング、次戦ベルギーでは苦戦を覚悟

Christian Horner (C)RedBull Racing
拡大します
ここまでドライバーズ・ランキングでは1-3位、コンストラクターズ・ランキングでは堂々の1位を走る好調レッドブル・レーシングだが、来週行われるベルギーGPでは苦戦を予想しているようだ。

「われわれがここまで健闘できたのは、プアなエンジン・パワーを補って余りあるシャシー面での優位だった。
しかしながら来週のベルギー(スパフランコルシャン)やその次のイタリア(モンツァ)は知られているようにパワー・サーキット。
ここではパワーに優るメルセデス・エンジンのマクラーレンやメルセデスGPらが巻き返しを図ってくるのは確実だ。
われわれはツィスティなコーナー部分で耐えるしかないだろうね」と、クリスチャン・ホーナー代表。

ただチャンピオンシップ終盤はテクニカルなコースが多く、レッドブルはそこで勝負を賭けたい考えのようだ。

|

« メルセデスGP、ハイドフェルドの後任指名急がず | トップページ | ピレリタイヤ、「ハイドフェルドはタイヤ開発にベスト」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/49187039

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・レーシング、次戦ベルギーでは苦戦を覚悟:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010/08/19 21:47

« メルセデスGP、ハイドフェルドの後任指名急がず | トップページ | ピレリタイヤ、「ハイドフェルドはタイヤ開発にベスト」 »