« ハンガリーGPポールポジションはベッテル(レッドブル) | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、赤信号無視で5番降格ペナルティ »

2010/08/01

ブリヂストン ハンガリーGP公式予選の模様

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
2010 FIA Formula One World Championship 第12戦 ハンガリーGP [予選]
2010年F1世界選手権 ハンガリーGP 予選
開催場所:ハンガロリンク 開催日:7月30日~8月1日

ハンガロリンクで開催されたハンガリーGP予選は、ブリヂストンのスーパーソフト・タイヤを装着したレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテル選手が、1分18秒773というセンセーショナルなタイムで4戦連続のポールポジションを獲得した。

1分18秒台のタイムを記録したのはベッテル選手ひとり。
明日のハンガリーGP決勝で彼の隣のフロントローに並ぶのはチームメイトのマーク・ウェバー選手。
午前の練習セッションではウェバー選手が最速タイムを記録した。

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェロー

今日の走行のポイントを教えて下さい。
「昨夜の雨とサポートレース中に路面にまかれたオイルで、午前中の路面は昨日の走行終了時よりも良くありませんでした。
しかし、予選のスタート時には路面は良くなっており、セッション中を通じて、記録を破るペースが見られるほど向上を続けました。
レッドブルの2台がとても速く、特に最後の2セクターが速かったです。
スピードトラップでの彼らのスピードはライバルほど速くありませんので、ハンガロリンクの14コーナーを通して、彼らがタイヤの性能を最大限に引き出していたことがわかります」

明日のレースでは、どのような戦略が考えられますか?
「どちらのコンパウンドも、ここハンガリーではとても高い性能を発揮しています。
スーパーソフトにもそれほどの性能低下は見られませんので、タイヤの性能という点では、明日は様々な戦略が可能です。
ここは1周の距離がかなり短いので、トップグループはかなり早く渋滞に遭遇することになると思います。
これも、ピットストップのタイミングを決めるもうひとつの要素です。
明日のレースを11番手からスタートするバトン選手は、今年は何度もとても良い戦略を使ってレース中にポジションを上げていますので、彼がこのレースにどんな戦略を使うかが興味深い点です」

|

« ハンガリーGPポールポジションはベッテル(レッドブル) | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、赤信号無視で5番降格ペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/49025430

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン ハンガリーGP公式予選の模様:

» F1ハンガリーGP(2010 R12) [UKYOのつぶやき]
F1第12戦ハンガリーGP! [続きを読む]

受信: 2010/08/01 11:13

« ハンガリーGPポールポジションはベッテル(レッドブル) | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、赤信号無視で5番降格ペナルティ »