« ヘルマン・ティルケ社、すでに米GP候補地で行動開始 | トップページ | マクラーレン、ロンドンにショールームを展開へ »

2010/08/12

2011年シーズン、13番目の新規参戦チームはどこに

国本京佑/ジョアン・ビラデルプラド (C)Epsilon Euskadai
拡大します
すでに公募を終えた2011年シーズンにおける13番目の新規参戦チームは現在FIA(国際自動車連盟)の専門部会により選定作業が進められているとされるが、どうやら候補はビルニューブ/デュランゴとステファンGP、そしてイプシロン・ユースカディの3つであるようだ。

こうした中、イプシロン・ユースカディを率いるジョアン・ビラデルプラト代表は、「まだわれわれには何の情報もないが、FIAがどうかわれわれを選んでくれることを切望しているよ。
われわれの計画には資金面でのスポンサーも宛てがあるし、マシンについてもすでに風洞実験に取り掛かるなど具体的な計画が進捗している。
あとはFIAが正しい評価をしてくれるのを期待するだけだ」と、語っている。

ビラデルプラト氏は、かつてフェラーリやマクラーレン、ベネトン等で経験を積んだ大ベテラン。
ワールドシリーズbyルノーでは日本の国本京佑を起用したことでも親しまれている。

|

« ヘルマン・ティルケ社、すでに米GP候補地で行動開始 | トップページ | マクラーレン、ロンドンにショールームを展開へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/49127195

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年シーズン、13番目の新規参戦チームはどこに:

» 国本京佑に未来はあるか? [予定は未定であって決定ではない]
 イプシロン、はいはい、WSRで国本(兄)が乗ってるチームだよね。F1云々より... [続きを読む]

受信: 2010/08/13 02:26

« ヘルマン・ティルケ社、すでに米GP候補地で行動開始 | トップページ | マクラーレン、ロンドンにショールームを展開へ »