« ロータス、来季ルノー・エンジン搭載の可能性 | トップページ | メルセデス首脳、キミ・ライコネンにコンタクト »

2010/07/13

ウィリアムズ戦闘力アップでバリチェッロ「残留が最良」

Rubens Barrichello (C)Williams F1
拡大します
前戦ヨーロッパGPでの4位に続き、今回のイギリスGPでも5位入賞とベテランらしい持ち味を出しているルーベンス・バリチェッロは、確実にその戦闘力をアップさせている感のあるウィリアムズ・チームで「来季も残留したい」と、新たな意欲をみせている。

「僕とウィリアムズ・チームとの契約は今年1年だけのもの。
来年についてはまだどことも話をしていないけれど、来シーズンの契約状況を見ていると残留というのが最良の選択であるとわかってきたね。
ウィリアムズはプライベートだけれど、開発にはすごい力を入れていて、もう表彰台だって間近に見えてきているよ。
これからチームと話をすることになるだろう」

ただ名門ウィリアムズといえども最近の財政状況は楽でなく、ドライバー選択にもその影響があるのは必至のことだろう。

|

« ロータス、来季ルノー・エンジン搭載の可能性 | トップページ | メルセデス首脳、キミ・ライコネンにコンタクト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48865347

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ戦闘力アップでバリチェッロ「残留が最良」:

« ロータス、来季ルノー・エンジン搭載の可能性 | トップページ | メルセデス首脳、キミ・ライコネンにコンタクト »