« ウェバー(レッドブル)、「1年以上先なんてわからない」 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、ロンドン・デモで完調アピール »

2010/07/04

マクラーレン代表、「スチュワードの決定尊重されるべき」

Martin Whitmarsh (C)McLaren Group
拡大します
ヨーロッパGP決勝レース中、マクラーレン・チームのルイス・ハミルトンに対して下されたドライブスルーのペナルティーに対しフェラーリ・チームのフェルナンド・アロンソが異議を表したことが問題化しているが、F1チームの集まりであるFOTAの代表でもあるマクラーレン・チームのマーティン・ウィットマーシュ代表は、「スチュワード(FIA)の決定は尊重されるべき」との見解を示した。

同代表は「アロンソの気持ちはよく理解できるが、しかしこれはスポーツなのだからわれわれはスチュワード(FIA)の決定を尊重しなければならない。
でも今までならそうしたこと(異議)を口にすることすらできなかったことを思うなら、昔よりずいぶんと良くなったものだよ」と、AP通信に語っている。

マクラーレン・チームはかつてFIAから大きなペナルティを、またこの2チーム間には再三の因縁が存在したのが事実だ。

|

« ウェバー(レッドブル)、「1年以上先なんてわからない」 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、ロンドン・デモで完調アピール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48791874

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン代表、「スチュワードの決定尊重されるべき」:

« ウェバー(レッドブル)、「1年以上先なんてわからない」 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、ロンドン・デモで完調アピール »